簡易RPAの導入を検討している企業様へ〜RPAツールとEXCELマクロは範囲が異なる〜

本題の前にお伝えしたい知識〜EXCELマクロとは何か?〜

マイクロソフト社が提供するEXCELには、EXCELマクロと呼ばれるものが標準装備されています。複数の手順を自動で行ってくれる機能であり、上手く活用することで作業の効率化が図れます。

EXCELマクロが記録した操作は、VBAプログラミング言語として残されるため、その言語をマスターした方でしたら、より複雑な作業を自動化することも可能です。

RPAツールとEXCELマクロはできることの範囲が異なる

RPAツールとEXCELマクロは、似ているように感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、できる範囲に違いがあります。

EXCELマクロはEXCELでの操作のみとなるものの、RPAツールは限定的でありながらもマイクロソフト社以外のソフトウェアも制御可能です。また、RPAツールは様々なアプリケーションと連動させて、幅広い範囲で自動化できます。

EXCELマクロも様々なソフトとの連携により作業効率化を図れるものの、プログラミング言語の知識が必要となる上に、場合によっては連携できない時もあります。

業務の効率化を目的とするならRPAツールが最適

業務の効率化を目的とするならRPAツールが最適

業務の効率化を目的とした場合、EXCELマクロよりもRPAツールの方が適しています。EXCELマクロに比べて自動化できる範囲が広く、大量のデータをスピーディーに処理することが可能なため、より効率的に業務をこなせるようになります。

EXCELマクロにはEXCELマクロならではの良さがあるため、どちらが秀でているという話ではありません。しかし、全体的に業務を効率化したい場合はRPAツールが最適と言えます。

簡易RPAの導入を検討している企業様は株式会社アイビーソフトへ〜便利なソフトウェア「連動くんPro」を提供しています〜

簡易RPAの導入を検討している企業様は株式会社アイビーソフトへ〜便利なソフトウェア「連動くんPro」を提供しています〜

簡易RPAの導入を検討している企業様は、株式会社アイビーソフトにご連絡ください。見積書や請求書を作成する場合、EXCELを用いている企業はまだまだ多いです。しかし、EXCELだけでは不十分だと感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

株式会社アイビーソフトが提供している簡易RPA「連動くんPro」は、EXCELで行う業務をより効率よくサポートするソフトウェアです。簡易RPAですので、導入はそれほど難しくありません。会計ソフトや給与計算システムに連動でき、単票形式のEXCEL文書から一覧形式のCSVデータを作成可能です。

無料のお試し版をご用意していますので、「いきなり導入するのはちょっと…」という場合も気軽にお試しいただけます。

簡易RPAの導入をお考えなら株式会社アイビーソフトまで

名 称 株式会社アイビーソフト
IBSOFT CORPORATION
住所 〒567-0836 大阪府茨木市目垣2-28-7
TEL 070-3151-4556
代表者 代表取締役 岸本 明
事業内容 パッケージソフトウエアの企画・開発、および販売
コンピューターシステム、ソフトウエアの開発および販売
コンピューターシステムの運用・保守サービスおよび派遣業務
コンピューター、通信機器、周辺機器および関連商品の販売
コンピューターに関する導入およびコンサルティング
各種ソフトウエア、サービスの販売代理店
上記業務に付随する一切の業務
URL https://ibsoft.co.jp/