倉庫業で誤出荷を防ぐためのポイント〜業務効率化を図れる梱包計算ソフトのオプションでより便利に使いやすく〜

倉庫業の商品仕分け・出荷作業で注意したい「誤出荷」の対策

倉庫業の商品仕分け・出荷作業で注意したい「誤出荷」の対策

商品を発送する際に注意したいのが「誤出荷」です。別の商品が届いた、色やサイズが違っていたというミスがあれば、顧客からのクレームや企業の信用失墜に繋がるおそれがあります。倉庫業や出荷現場での誤出荷は、限りなくゼロに近づける取り組みが必要不可欠です。

誤出荷を防ぐためのポイントをいくつかご紹介します。

商品の整理整頓を心がける

商品が決まった場所になく通路に置いてあったり、仕分け・保管しておく棚がバラバラだったりすると、商品の入れ違いなどミスに繋がるおそれがあります。特に、色や品番、形状が似た商品は入れ違いが起こりやすいため、商品を置くスペースは常に整理整頓を心がけましょう。

検品作業のルール化を行う

誤出荷を防ぐには、出荷前の最終チェック・検品作業が最も重要です。作業者によって検品精度に差が出ないよう、出荷・検品方法をルール化して作業者全員で共有しましょう。作業ミスを防ぐため、時間に余裕を持って効率よく作業ができるように工夫することが重要です。

システムの導入で業務効率化

どんなに注意を払っていてもヒューマンエラーは起きてしまうため、システム化して人間の判断ミスを減らすことも誤出荷防止には有効です。商品管理や梱包作業にシステムを導入することで、出荷業務の精度が上がり業務効率化にも役立ちます。

業務の効率化を図れる梱包計算ソフトのオプションで誤出荷も防ぐ!

業務の効率化を図れる梱包計算ソフトのオプションで誤出荷も防ぐ!

整理整頓や作業のルール化はもちろん、梱包計算ソフトなどのシステム導入によって業務を効率化することも可能です。自社の業務に適したシステムを導入したいとお考えの企業様は、株式会社アイビーソフトにご相談ください。

商品発送に必要な梱包箱数を計算できる梱包計算ソフト「梱包くん」は、別途オプションとして在庫管理、配送管理、倉庫管理機能にも対応可能です。誤出荷対策としてシステムを導入するなら、オプションの倉庫管理機能のすべてを揃えることで、効果が期待できます。

梱包計算ソフトやオプションについては、お気軽にご相談ください。

梱包計算ソフトで業務効率化を図るなら株式会社アイビーソフトへ

名 称 株式会社アイビーソフト
IBSOFT CORPORATION
住所 〒567-0836 大阪府茨木市目垣2-28-7
TEL 070-3151-4556
代表者 代表取締役 岸本 明
事業内容 パッケージソフトウエアの企画・開発、および販売
コンピューターシステム、ソフトウエアの開発および販売
コンピューターシステムの運用・保守サービスおよび派遣業務
コンピューター、通信機器、周辺機器および関連商品の販売
コンピューターに関する導入およびコンサルティング
各種ソフトウエア、サービスの販売代理店
上記業務に付随する一切の業務
URL https://ibsoft.co.jp/