年末調整申告書の作成システムをお探しなら株式会社アイビーソフトへ〜年末調整と確定申告の違い〜

会社員や公務員でも確定申告が必要な場合がある!?年末調整と確定申告の違いについて知っておこう

会社員や公務員でも確定申告が必要な場合がある!?年末調整と確定申告の違いについて知っておこう

働いている方なら、必ず耳にする「年末調整」と「確定申告」という言葉。両者とも税金の支払いに関わる重要なものですが、実際に両者の詳しい違いは知らないという方も多いのではないでしょうか?特に会社員や公務員の方は、基本的に確定申告が不要なため、年末調整は知っていても確定申告についてはわからないという方も多いかもしれません。

しかし、会社員や公務員の方でも、確定申告が必要となるケースもありますので、しっかりと両者の違いについて把握しておきましょう。

年末調整とは?

会社員や公務員の方は、月々の給与からいくらか源泉所得税として天引きされています。このように、給与からあらかじめ源泉所得税を差し引くことを源泉徴収と言い、この仕組みにより納税が完了します。しかし、実際は生命保険料控除や住宅ローン控除などは反映されていないため、源泉徴収されている税金は本来納めるべき最終的な税額とは異なります。

よって、その過不足を調整するために年末調整を行う必要があるのです。年末調整を行い、差し引かれた税金が多かった場合はその差額が還付され、逆に少なかった場合はその分が追加徴収されます。

確定申告とは?

確定申告とは、1年間で得た所得にかかる所得税と復興特別所得税を計算し、翌年の3月15日までに申告納税することを言います。こうした仕組みから、基本的に確定申告を行う対象者は、個人事業主が該当します。しかし、会社員や公務員の方で年間収入が2,000万円以上になる場合は、勤め先で年末調整をしてもらえず、個別で確定申告を行う必要があります。

この他にも、初めて住宅ローン控除を受ける場合や、副業して給与を得ている場合など、確定申告が必要となる条件はいくつかあります。期限内に申告しなかった場合は、延滞税の他に、無申告加算税などの罰金が科されることもありますので注意が必要です。気になる方は、各企業の担当者に問い合わせておくことをおすすめします。

年末調整申告書の作成システムをお探しなら株式会社アイビーソフトへ

年末調整申告書の作成システムをお探しなら株式会社アイビーソフトへ

年末調整申告書の作成システムの導入をご希望でしたら、株式会社アイビーソフトの「年調くん」をご利用ください。

年末調整申告書の作成システム「年調くん」は、年末調整申告書の内容をWebブラウザから入力でき、PDFとして出力することが可能です。パソコンはもちろん、タブレット端末やスマートフォンなどにも対応しており、ネットが使える環境であればご自宅からでも入力することができます。

保険料控除額などの自動計算やチェック機能もついていますので、年末調整申告書の回収作業を簡単に行うことができ大変便利です。デモ版もご用意していますので、興味をお持ちの企業様はぜひお試しください。

年末調整申告書の作成システムをお探しの方は株式会社アイビーソフトへ

名 称 株式会社アイビーソフト
IBSOFT CORPORATION
住所 〒567-0836 大阪府茨木市目垣2-28-7
TEL 070-3151-4556
代表者 代表取締役 岸本 明
事業内容 パッケージソフトウエアの企画・開発、および販売
コンピューターシステム、ソフトウエアの開発および販売
コンピューターシステムの運用・保守サービスおよび派遣業務
コンピューター、通信機器、周辺機器および関連商品の販売
コンピューターに関する導入およびコンサルティング
各種ソフトウエア、サービスの販売代理店
上記業務に付随する一切の業務
URL https://ibsoft.co.jp/